交際クラブ[銀座のウワサ]

本気の比較・選び方

2017年01月31日 17時25分

交際クラブでどこの店舗に入会しようか考えた場合に、ポイントが有ると思います。
「入会料金」「年会費」「紹介料金」「店舗知名度」これらは非常に重要です。
各項目について、どのような点を考慮すべきか考えてきたいと思います。

入会料金

現代では入会が無料である店舗も多いでしょう。
ですが、入会料が無料である場合は、年会費や紹介料の値段が釣り上げられている場合があります。
同様に、入会料が高く年会費や紹介料が高い場合もあるでしょう。

実際にどのパターンが交際クラブにとって旨味があるかと言われれば、入会料も大切です。
基本的に入会料が高くなければ、店舗は自信がないと考えてしまっても良いかもしれません。
十分に質とサービスを影響できる店舗であれば、値段は下げる訳がないのです。

また、店舗にとっては一時的にお金を生むことが出来る唯一の機会です。
それらの理由からしても、しっかりとと運営をされているところは少なから無料ではありません。

年会費

年会費は全体の利用料に考えると微々たる額と言えるでしょう。
一昔前であれば、契約を延長するという意味で入会料金と同等の金額のところが多かったです。

しかし現代では、入会料金の半分程度の金額になるところが一般的です。
やはり、時代と共にできるだけ料金が安いところが好まれる傾向が強くなっているようです。

昨今では、しっかりと入会料金を取った店舗の場合、
紹介料とのバランスを考えて、年会費を無料にしていることろも多いようです。

ですが、実際の問題を考えると店舗も年会費を取った方が良いでしょうし、
男性会員も年会費を取られた方が良いと考えられます。

結局の話、リスクヘッジの問題であり、
「年会費を貰ってないからトラブっても保証できません」
「年会費を取ってるんだからしっかりやれよ!」
といったお互いの立場にも影響してくることは間違いありません。

紹介料金

紹介料金(セッティング料)については、絶対に無料にはなりません。
交際クラブ店舗側は個々で運営費を稼いでいるようなものでしょう。

実際のところ、紹介を円滑に誘導してもらう為に、
店舗スタッフの労力と考えてしまうと変わりやすいでしょう。

もしも、店舗側が関与しない場合には、出会い系サイトになってしまいます。
また、紹介料が無料であれば、誰でも適当に働いてしまうでしょう。
個々ばかりは信用・信頼の問題であり、どこの店舗も手を抜いていないようです。

しかし、中には紹介料金を無料にしている店舗もあります。
冷静に考えると、会員も年間に5度は遊ばないので、頭が良いです。
その分、年会費を多く取るシステムであれば帳尻が合います。
店舗に魅力さえあれば、これも十分に成立するものでしょう。

店舗知名度

これが全てではないでしょうか。
有名であればどのようなパターンの料金設定であっても店舗は成立します。

有名店舗であれば、どこかしらの料金を高くしても説得力があり問題ないでしょう。
中堅店舗は、かもなく不可もなくどのプランでも中途半端な安さを売りに頑張るでしょう。
小規模店舗は、どこかで安さを出さなければやっていけません。ですので無料があります。

一見、店舗毎の工夫のように感じられますが、結局は会員が得をしなければなりません。

しかし、忘れられがちな部分が女性会員の利益です。
無料を関わらせたプランの場合、男性会員の出費が減り、女性の交通費は安定するでしょう。
ですが、安すぎても男性会員の質が落ちてしまうものです。

ですので、どこの店舗も工夫を感じられるものですが、
有名高級店舗が、入会・年会費をガッツリ取って、紹介料を無料にでもしないと成立しません。

そもそも、こういった様々な背景を見て考えて女性は入会をするものなのです。

その他コンテンツ